中途半端お遍路日記 2006

昨今、年齢を問わず四国遍路の人気が高まっているそうですが、私も2006年夏に歩き遍路に挑戦しました。10年ほど苦しんできた持病の治癒を祈願する巡礼でしたが、そもそも、お遍路の何たるかも知らず、日頃の運動不足で1100kmを歩く体力・自信もない上に、天才的な方向音痴・・・。こんな私が完璧な遍路旅などできるはずもなく、”中途半端”を覚悟の一人旅。初心者の珍道中も何かの参考になればと思い、恥を忍んで?当時の日記を公開させていただきます。皆様、どうかお付き合いの程をお願い申し上げます。
では歩き始める前に、まずはおさらいから。
四国遍路とは、四国に点在する弘法大師ゆかりの八十八カ所霊場(札所)を巡拝することで、古くは僧侶の修行でした。江戸初期から民衆の遍路が始まったそうですが、当時は危険が多く、どこで倒れてもお大師様の元に行けるよう、死に装束(白装束)を身につけ金剛杖を卒塔婆とする覚悟の旅でした。昭和に入っても交通事情は悪く、まだまだ厳しい旅だったようです。しかし昭和四十年以降は観光化が進み、お遍路も様変わりします。主な移動手段は車やバイクとなり、バスによる団体巡礼ツアーも人気です。最近は健康・エコブームもあり、自転車での巡礼も多いそうです。札所を回る順番は特に決まっていませんが、一番札所 霊山寺のある徳島県から高知県、愛媛県、香川県の順に巡礼するのが一般的です。八十八カ所すべてを巡拝すると”結願”となり、その後、弘法大師の眠る高野山奥の院に参拝して”満願”となります。私も二度の中断を挟んだものの、この順で44日間かけて四国を巡礼し、その後、高野山に行きました。四国各県での歩き遍路の行程は下表の通りです。
毎日の感想に写真も交えて絵日記風に、それぞれ徳島編、高知編、愛媛編、香川編としてご紹介します。また番外編として、高野山での御礼参り、お遍路の装備や真夏のお遍路の注意点もまとめましたので、こちらもご覧ください。

1.徳島編
発心の道場・阿波
23札所, 8日間


第1日 6月11日:日 1-3, 5番
第2日 6月12日:月 4,6-10番
第3日 6月13日:火 11,12番
第4日 6月14日:水 13-15番
第5日 6月15日:木 16,17番
第6日 6月16日:金 18,19番
第7日 6月17日:土 20-22番
第8日 6月18日:日 23番

2.高知編
修行の道場・土佐
16札所, 16日間


第 9日 6月19日:月 札所なし
第10日 6月20日:火 24番
第11日 6月21日:水 25,26番
第12日 6月22日:木 27番
第13日 6月23日:金 28番
第14日 6月24日:土 29,30番
第15日 6月25日:日 休養日
第16日 6月26日:月 31-33番
第17日 6月27日:火 34,35番
第18日 6月28日:水 36番
第19日 6月29日:木 37番
第20日 6月30日:金 札所なし
第21日 7月 1日:土 休養日
第22日 7月 2日:日 38番
第23日 7月 3日:月 札所なし
第24日 7月 4日:火 39番
〜 第一回中断 〜

3.愛媛編
菩提の道場・伊予
26札所, 14日間


第25日 7月10日:月 40番
第26日 7月11日:火 札所なし
第27日 7月12日:水 41-43番
第28日 7月13日:木 休養日
第29日 7月14日:金 札所なし
第30日 7月15日:土 45番
第31日 7月16日:日 44,46-48番
第32日 7月17日:月 49-53番
〜 第ニ回中断 〜
第33日 7月25日:火 54-56番
第34日 7月26日:水 57-59番
第35日 7月27日:木 60-64番
第36日 7月28日:金 休養日
第37日 7月29日:土 札所なし
第38日 7月30日:日 65番


4.香川編
涅槃の道場・讃岐
23札所, 6日間


第39日 7月31日:月 66-70番
第40日 8月 1日:火 71-77番
第41日 8月 2日:水 78-81番
第42日 8月 3日:木 82,83番
第43日 8月 4日:金 84-87番
第44日 8月 5日:土 88番