香川編 目次


香川編 目次





ツイート

第39日 7月31日(月) 総距離967.5km 晴れ

時刻 行程 歩行距離 累計距離
05:00 民宿岡田を出発 -- --
06:55 雲辺寺(66番うんぺんじ)に到着 5.1km --
09:40 岩鍋池に到着・休憩 -- --
10:10 大興寺(67番だいこうじ)に到着 9.4km 14.5km
13:15 神恵院(68番じんねいん)観音寺(69番かんおんじ)に到着 8.7km 23.3km
15:10 本山寺(70番もとやまじ)に到着 4.5km 27.7km
16:00 ビジネスホテルウェストプレイズに到着(素泊り5000円) 1.0km 28.7km

5時少し前に宿を出て雲辺寺に向かう。今日は持病の痛みもなく、順調に歩き始める。雲辺寺は標高900m、八十八カ所の最高峰。徳島自動車道の下を横切るあたりから、上りがきつくなる。朝5時過ぎの山道はまだ薄暗い。足元に注意しながら登り続けると車道に出るが、ここまで2.8kmで1時間20分もかかっている。平坦な道を少し歩くと、20匹くらいの虻がまとわりついてくる。顔や身体の周りをぐるぐる飛んだり留まったり。刺されることはないが、鬱陶しいことこの上ない・・・。最初は無抵抗主義だったが、10分経っても一向に状況は変わらず、堪忍袋の緒が切れる。防虫スプレーで攻撃したり、タオルを振り回したりしたものの、効果ゼロ。イライラは頂点に! 菩提の道場は、簡単に卒業できないようだ。雲辺寺に到着するまで、30分くらいはずっと虻と一緒だった。不思議なことに、山門を潜って境内にはいると、虻は消えてなくなる。


まだ薄暗い早朝の山道、右は遍路道の道標


この辺りで虻にまとわりつかれ・・、雲辺寺の山門を潜ると、虻がいなくなる


朝7時の山中の境内には人がおらず、独り占めする。納経所のお坊様に聞くと、虻は毎年、この時期、同じ場所に出るそうだ。境内に入ると人から離れるのも毎年同じ。人間の出す炭酸ガスを感知してまとわりつくらしいが、なぜ境内に入ると離れるのかは分からない。お遍路に忍耐を教えてくれているのか? 山中の境内だけに樹齢の高い巨木が多い。やはり山寺は雰囲気があって良いですね。45分ほど境内を堪能して、次の札所 大興寺に向かう。


雲辺寺の大師堂、右は本堂


雲辺寺の境内、右は石碑


雲辺寺裏手の羅漢像、右は雲辺寺を出て下界?を見下ろすの図


三角寺、雲辺寺あたりは愛媛・香川・徳島の県境が入り組んでいてややこしいが、ここはすでに香川県。最後の”涅槃の道場 讃岐”に入った。66番雲辺寺を打って、残る札所は22カ所。いよいよ四国遍路も大詰めだ。
雲辺寺からは800m強の標高差を一気に下る。途中、逆方向から上ってくるご夫婦のハイカーさん、小学生くらいのウォーキングクラブらしき一団とすれ違うが、この登り道はきついだろうなー。さらに進むと、なぜか水田に玉葱が多数浮かんでいる。腐りかけているせいか臭いが酷い・・・。玉葱が肥料の代わりなんだろうか? めげずに舗装路を歩くと、岩鍋池手前でようやく飲み物の自動販売を発見。冷たいお茶を買って一息つく。さらに集落の中を歩くと、10時過ぎに田圃の真ん中にある大興寺に到着。山門近くの巨木が圧巻だ。何百年も風雪に耐えてきた存在感は、やはり違う。納経所では、女性の方が次の観音寺への道をわざわざ地図を書いて教えてくださり、ありがとうございます。お参りを終えて境内で休憩すると、若い自転車遍路さんが来られる。松山からの区切り打ちで、20代の男性。山道は自転車を担いで歩くそうだ。若い人は元気だなー。自分の年を感じつつも、元気をもらった気がする。


集落を抜けて大興寺に向かう、右は大興寺前の田園風景


大興寺の山門、右は境内


大興寺の巨木


大興寺の本堂、右は大師堂


観音寺への道は、地図ではシンプルに見えるが実際は曲がりくねった複雑な道。改めて、へんろみち保存会の道標のありがたさを感じる。午後1時過ぎに観音寺に到着して、境内の売店でアイスを買い、身体を冷やす。今日も暑い! 山門の前で、民宿岡田で一緒だった自転車遍路さんと鉢合わせしてご挨拶。ここは、一つの境内に観音寺と神恵院の二つの札所がある。立て続けにお勤めをして、境内で一休み。


神恵院、観音寺の山門、右は神恵院の仏様


神恵院のお堂、右は観音寺の本堂


観音寺・神恵院の境内にある巨木、右は観音寺の大師堂


財田川沿いに歩き、次の本山寺に向かう。途中、20羽以上の鷺が群れている。川沿いとは言え、アスファルトの道は太陽の光が反射して眩しいくらいだ。クラクラするほどの猛暑の中、午後3時過ぎに本山寺に到着。本堂が国宝、その他複数の建築物が重要文化財で、由緒を感じる。五重塔もあり印象的なお寺さん。幸い、ほとんど人のいない境内をゆっくりと見学する。納経所で近くの宿の情報を頂き、今日の宿をビジネスホテル・ウェストプレイズに決める。


本山寺の山門、右は本山寺の五重塔と本堂を背景に撮影したお大師様の勇姿


本山寺の本堂、右は大師堂


本山寺の五重塔を抜けるような青空をバックに、右は境内


本山寺から1時間弱でホテルに到着。出来て数年くらいだろうか、建物は新しく部屋もきれい。有料(200円)だが洗濯機も新しくて使い易い。大きなスーパーに徒歩3分で買い物も便利。何度か胸痛はあったものの、なんとか7月最後の一日を歩き通せた。約30kmで五つの札所、雲辺寺も打てたのは上出来! 明日から8月、またよろしくお願いします。オヤスミナサイ。